名刺の管理をどうしていますか? いただいた名刺を活用していますか?

ビジネスマンの方は皆さん量の大小はありますが名刺交換されると思います。それをどのように管理されているでしょうか。名刺ファイルに入れたり、スキャナやスマホのOCRに読み込ませてデータを住所録に登録したり、いろいろあります。それぞれ一丁一旦がありますね。​

管理方法名刺ファイルOCR
メリットアナログ感覚で使いやすい
名刺をざっと眺められる
名刺を見ながらどんな人だったか思い出すことができる
データ化することで、連絡先等の情報を共有することができる
デメリット名刺が多くなるに従い管理が大変
名刺と名刺の間に入れたい場合は、すべて入れ替えなければならない
全ての名刺を持ち運ぶことはできない
OCRの認識率が悪いため、結局OCRのデータ修正に人手がかかる。結果面倒で使われなくなる。
共有化や名刺データの活用については別のシステムが必要になる

このようにそれぞれメリット・デメリットがあり、おそらく2つの方法を併用されているのではないかと思います。
「いただいた名刺を活用していますか?」という問いに対しては、ほとんどの人はデータで取り込んで活用しているとか、それくらいの回答ではないでしょうか。活用していると言えばしています。
では「名刺をフル活用してますか?」という問いに対してはどうでしょう。「名刺のフル活用」ってなに? となりませんか。ほとんどの人は名刺を活用するどころか、潜在的な価値に気づいていないのではないでしょうか。

名刺は人脈の金脈! 「Sansan」で埋もれた名刺を掘り起こし会社の資産に変えよう!!

名刺があるということは、その人と何らかの交流があった、という証です。何かしら繋がりがあるだけで、断然アポが取りやすくなります。社員全部合わせるとどれだけの人脈があるでしょうか。これらを活用しない手はありません。

こう考えると名刺は人脈の鉱山といえるのではないでしょうか。いまある名刺を掘り起こし、有効活用できるツール、それが「Sansan」の名刺管理です。いままで埋もれていた名刺を活用することで、商談に繋がって契約を取ることも可能です。まさに名刺は「お金の鉱山」です。

これまでの名刺ファイルやOCRで問題だった部分を「Sansan」は全て解決をしています。特徴として以下があげられます。

「Sansan」の名刺管理 機能と特徴

  • スキャナやスマホで名刺を読み込みして自動的にデータ化。入力精度は100%!!※
    名刺をデータ化もラクラク!無理なし!無駄なし!
  • 名刺検索もラクラク!
  • PC、スマホ、タブレット全てに対応!いつでもどこでも使える時間と場所を選ばない!
  • 社員で名刺データを共有できる
  • 社員の新たな人脈形成はすぐに知らせてくれる!
  • 公開情報を元に人事異動や転職があったら名刺データにも自動反映!
  • 相手の特徴・趣味などちょっとした情報も即メモ・即共有できる
  • 案件管理ができ、名刺が発端になった商談の進捗管理されグループで共有できる
    案件の進捗に漏れがない!全てにフォロー可能!
  • メルマガも対応! 送信数は無制限!
  • メルマガも営業個人名で送信可能! 営業の顔が見えるメルマガに!
  • メルマガを送った誰が興味があるかも分かる!効率的にアポがとれる!
  • ウェブからの問合せも自動コンタクト化!
  • 他システムとの連携可能。
  • ※「認識率100%」とありますが、サービス約款上99.9%の認識率保障となります

「Sansan」の名刺管理サービスと他の営業支援システム・名刺管理との決定的な違い

「Sansan」の他の製品営業支援ツールと比べて最も特徴があり、大きなメリットが

名刺の自動入力 & 認識率100%

です。これがどんなことなのか、具体的に他社製品と比較して見ましょう。
なんだただそれだけか、と思わないでください。認識率100%※がもたらすメリットは非常に大きいのです!

※「認識率100%」とありますが、サービス約款上99.9%の認識率保障となります

他にも世の中には営業支援ツールがたくさんあります。どれも素晴らしい製品でちゃんとデータを入れて使いこなせば、いずれも営業成績をあげられることができます。

ただ一つ問題なのが、顧客情報の入力です。名前、会社名、役職、住所、連絡先、メールアドレス、など多くの情報を入力しなければなりません。1日、1件2件ならなんとかなりますが、5名以上の方と名刺交換をするとそれら全部はとても入力してられません。OCRも誤入力があるおで、結局手間がかかります。面倒で必要最小限の情報しか入力されない、あるいは入力漏れ、という事態が発生します。フルに名刺活用できないのです。

私も営業支援ツールをいくつか使ったことがありますが、使っていて一番面倒と感じた部分は顧客情報の入力部分です。名前しか入力しなかったり、そんなことはざらです。そこがこの「Sansan」名刺管理は解決しています。全てカメラ・スキャナで読み込んだら自動入力。誤入力はほぼ100%※なし。営業が行うことは、ただカメラで名刺を読み込むだけ。あとは、商談ログを紙ではなく、「Sansan」の商談管理にアップするだけです。営業部内でも顧客情報・商談内容が一瞬にして共有かされます。それを見た営業部長が、問題があると判断したら、解決するための支援チームを作って即座に対応させることも可能でしょう。「Sansan」の名刺管理・営業支援だから出来ることです。

認識率100%※がもたらすメリット! まさに名刺は金山! 名刺を掘り起こして攻めの営業!

「Sansan」の名刺管理なにはメールマガジン機能があります。読み込んだ名刺のメルアドを元にメルマガを発行することができます。新商材、新サービスなど新たに売り込みしたいとき、DMを送って新商品説明会の案内を出したり、営業で一件一件回ったり、いろいろ手法はあると思います。

「Sansan」名刺管理なら埋もれている名刺を全てデータ化します。名刺の中には最近は取引があまりない顧客も含まれているかもしれません。とにかく全ての名刺をデータ化します。

そして、ターゲットになりうる名刺データをグループ化して、そこに対して一斉にメルマガを送ります。名刺は担当営業の名前で送信されるので、顧客は一度は目を通すでしょう。興味があればメールから新商品のページへアクセスするでしょう。メールから自社ホームページにアクセスがあった人を追跡する機能があります。誰がなにに興味あるのか一目瞭然ですね。営業はその情報を元に顧客にアポを取ります。とても効率的にまた成約率の高い営業が展開されます。

まさに名刺をフル活用してするとはまさにことのことです。名刺を掘り起こして攻めの営業ですね。

※「認識率100%」とありますが、サービス約款上99.9%の認識率保障となります。

導入実績

ご利用料金

ご利用可能アプリケーション